Soul Music Soulful Singers 365

@fukuchan7hosi ゴスペル・R&B・ソウル・ファンク/カントリーのお気に入り曲やアーティストの紹介サイト (おすすめ 動画・MP3)50' 60' 70' 80' 90'〜現在まで Gospel R&B Soul Funk Countrysoul #music #nowplaying @TrentWHarmon #TheresAGirl
0

ベン・E.キングBen E. King来日ライブMP3アップ!

ベン・E.キングBen E. King来日ライブMP3アップ!
1986年6月12日渋谷LIVE-INNの収録です

Stand BY Me
世界中で知らない人は誰もいないだろうというぐらい
よく知られている
スタンドバイミー財団を設立して社会貢献も果たしているそうです
その分他の曲がかすんでしまっているのがもったいない

とはいえ、やはり来日ライブのオンエアーもこの曲でした
途中で他の曲を挟みこんでお客を乗せています
サービス満点のパフォ-マンスです

ドント・プレイ・ザット・ソング ドント・プレイ・ザット・ソング
ベン・E.キング (2006/12/20)
ワーナーミュージック・ジャパン


▼ベン・E.キングBen E. King - Stand BY Me 1986.6.12


Bio& 歌詞は続きを読むをクリック


When the night has come
And the land is dark
And the moon is the only light we'll see
No I won't be afraid, No I won't be afraid
Just as long as you stand, stand by me

(Chorus)
And darling, darling
Stand by me, oh, stand by me
Oh stand, stand by me,
Stand by me

If the sky that we look upon
Should tumble and fall
Or the mountains should crumble to the sea
I won't cry, I won't cry
No I won't shed a tear
Just as long as you stand, stand by me

(Chorus) x2

When all your friends are gone
and you´re left all alone
oh stand, stand by me, stand by me

Whenever you're in trouble won't you stand by me
Oh stand by me, oh won't you stand now, stand by me


世界広しといえども、かの名曲「スタンド・バイ・ミー」を知らない人はいないだろう。数々のアーティストたちにカヴァーされたこのナンバーだが、やはりベン・E.キングの歌うオリジナル・ナンバーにかなうものはない。タフでいてスウィートな魅力を持つ歌声を操るキングが、恋人たちに捧げたこの曲を歌い出すと、ポジティヴな表現のなかにもほろ苦い哀愁が滲み出し、聴き手はえも言われぬ心持ちになる。
ドリフターズのメイン・ヴォーカルとしてキャリアをスタートさせたキングは、60年にソロ・アーティストとして立ち、前述した「スタンド・バイ・ミー」やラテン・タッチの「スパニッシュ・ハーレム」などの大ヒット・ナンバーを続々と生み出した。しかし60年代後半になると、移り変わりの激しいUSブラック・ミュージック界のなかで彼のヴォーカル・スタイルはすぐさまオールド・スタイルとなり果て、キングは時代に取り残されてしまう。
だが、試行錯誤を繰り返した末の74年、ファンキー・チューン「スーパー・ナチュラル・シング」で見事返り咲く。――以後もアヴェレイジ・ホワイト・バンドとの共演アルバムやプロデュース・ワークなどでその輝かしい手腕を見事に発揮していき、順風満帆なアーティスト生活を送っている。
(goo音楽より転記)

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gospelsoulmusic.blog109.fc2.com/tb.php/89-692ff424
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。