Soul Music Soulful Singers 365

@fukuchan7hosi ゴスペル・R&B・ソウル・ファンク/カントリーのお気に入り曲やアーティストの紹介サイト (おすすめ 動画・MP3)50' 60' 70' 80' 90'〜現在まで Gospel R&B Soul Funk Countrysoul #music #nowplaying @TrentWHarmon #TheresAGirl
0

クラレンス・カーターClarence Carter/Slip Away来日ライブMP3アップ!

クラレンスカーターClarence Carter来日ライブMP3アップです!
1986.6.5渋谷パルコ劇場の収録

☆ Clarence Carter公式サイト
盲目のシンガーでブルースギタリスト
クラレンス・カーターClarence Carter
アメリカではカラオケでも大人気のこの曲

さすが!余裕のライブパフォ-マンスです!
▼Slip Away(live) - Clarence Carter 1986.6.5渋谷パルコ劇場


▼ジス・イズ・クラレンス・カーター / クラレンス・カーター
p3819-mid.jpg


Bio&Discographyは続きをクリック

US南部はアラバマ州出身の、盲目のシンガー/ギタリスト、クラレンス・カーター。一聴して引き込まれる含蓄のある歌声とディープなブルース・ギターの組み合わせは、ソウル界の至宝といっても過言ではない。特に「スリップ・アウェイ」(68年)、「メイキン・ラヴ」(69年)、「パッチェス」(70年)などといったミディアム・ナンバーで、彼の“歌魂"は爆発する。サザン・ソウルの聖地マッスル・ショールズで録音されたそれらの楽曲群は、唯一無比の実力を誇る演奏陣営と、説教調の語り口で赤裸々な性愛を綴るクラレンス節が奇跡的なレヴェルで交錯した、70年代ソウルのハイライトのひとつだ。70年代後半には低迷期にあったものの、80年代に入ると再び勢いを取り戻し、よりブルース色を強めた作品群を発表。近年はレーベルなどに所属し、アーティスト活動を広げている。(goo音楽より転記)

Discography

1968 This Is Clarence Carter
1969 Testifyin'
1969 The Dynamic Clarence Carter
1970 Patches
1971 That's What Your Love Means to Me
1973 Sixty Minutes
1974 Real
1975 Loneliness & Temptation
1976 Heart Full of Song
1977 I Got Caught Making Love
1977 Let's Burn
1981 Mr. Clarence Carter in Person
1987 Hooked on Love
1989 Touch of Blues
1990 Between a Rock and a Hard Place
1992 Have You Met Clarence Carter...Yet?
1994 Live with the Dr.
1994 Dr. C.C.
1995 Together Again
1995 I Couldn't Refuse
1996 Carter's Corner
1997 Too Weak to Fight
1999 Bring It to Me
2001 Live in Johannesburg
2003 All Ya'll Feeling Alright
2005 One More Hit
2007 Messin' with My Mind
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gospelsoulmusic.blog109.fc2.com/tb.php/88-0513920e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。