Soul Music Soulful Singers 365

@fukuchan7hosi ゴスペル・R&B・ソウル・ファンク/カントリーのお気に入り曲やアーティストの紹介サイト (おすすめ 動画・MP3)50' 60' 70' 80' 90'〜現在まで Gospel R&B Soul Funk Countrysoul #music #nowplaying @TrentWHarmon #TheresAGirl
0

グレディ・ハーレルGrady Harrell - Stick and Stones from "Come Play With Me" (1989)

Grady Harrell - Stick and Stones from "Come Play With Me" (1989)

ジャッキー・ウィルソンの髪でサム・クックの声と評された
グレディ・ハーレルは9才からプロとして活動していたそうです
Shalamarに見いだされ、80年代中頃にSolarへ

▼Mwana 1984(フレッド・ウェスリーがプロデュース)
gradyharrell1.jpg

1) Belinda
2) Mwana
3) I Can't Say Goodbye
4) I Can't Get Over You
5) Lay It On Me
6) Wrong Side Of Love
7) Somewhere (love Will Lead The Way)
8) I Love My Family
9) Make It By Yourself

▼ Come Play With Me 1989 RCAへ移籍
gradyharrrell2.jpg

曲目はアマゾンで確認できます→Come Play with Me

▼Romance Me
 1990
grady3.jpeg


以後1990代はDazz Bandとともに舞台でジャッキー・ウィルソンやっていたそうですが
サムとかジャッキーとか、ちょっと欲張りすぎてる感じがどうなんだか~

下のエントリーで紹介したアルバム"Soul Mission"のタイトル曲を歌っているのが
このGrady Harrell で、友人に聴かせると「これ、マイケル?」って言ってました(笑)
ホント、良く似てます
ですが、このライブはRCAからの2枚のアルバムよりずっと好印象で
本人名義のアルバムがニュージャックスイングじゃなかったらな~と
想ったり・・・

▼Grady Harrell - Stick and Stones from "Come Play With Me "  (1989)


1stアルバムの情報をお持ちの方はコメントください♪
よろしくお願いします~


該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gospelsoulmusic.blog109.fc2.com/tb.php/220-8690f82a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。