Soul Music Soulful Singers 365

@fukuchan7hosi ゴスペル・R&B・ソウル・ファンク/カントリーのお気に入り曲やアーティストの紹介サイト (おすすめ 動画・MP3)50' 60' 70' 80' 90'〜現在まで Gospel R&B Soul Funk Countrysoul #music #nowplaying @TrentWHarmon #TheresAGirl
2

ステファニー・ミルズStephanie Mills & Teddy Pendergrass - ♪Two Hearts by Mtume アルバム Stephanieから

1979年、James Mtumeと Reggie Lucasによる
♪Never Knew Love Like This Beforeでチャート入りしたステファニー・ミルズが
5作目のアルバムをMtumeにおまかせ状態?!で作っています
   ↓
▼Stephanie Mills - Stephanie (1981)
Stephanie Mills Stephanie

A1 Winner
A2  Two Hearts Featuring - Teddy Pendergrass
A3  Don't Stop Doin' What 'Cha Do
A4  Top Of My List

B1  I Believe In Love Songs
B2 Night Games
B3  My Love's Been Good To You
B4  Magic

緑色の曲はすべて James Mtumeと Reggie Lucasによるものです
バックボーカルにはLuther Vandross やTawatha など豪華
バックミュージシャンはほぼMtumeです!

ピックアップは
♪Two Hearts : Featuring - Teddy Pendergrass
このアルバムはCD化されていないようです(違ってたらごめんなさい)

▼ベスト盤が入手しやすいです(ブックオフにありそうな感じ)

The Best of Stephanie MillsThe Best of Stephanie Mills
(1995/06/06)
Stephanie Mills



▼Stephanie Mills & Teddy Pendergrass - ♪Two Hearts


前の年に、ロバータ&ダニーのヒットがあったから、狙ったんですね~
R&Bチャート3位までいってます

個人的な好みですが・・・Stephanie Millsはさら~っと・・・
やっぱりTeddy Pendergrassが出ているので♪


スポンサーサイト
2

ロバータ・フラックft.ダニー・ハサウェイRoberta Flack featuring Donny Hathaway - ♪Back Together Again (1980) :Mtumeの大名曲 歌詞

Roberta Flack featuring Donny Hathaway

様々な角度からエントリーしたくなるシンガー二人と曲の数々ですが
下のエントリー:Mtumeつながりでピックアップしたいと想います

Roberta Flack Featuring Donnie HathawayRoberta Flack Featuring Donnie Hathaway
(CD 1996/06/06)
Roberta Flack & Donnie Hathaway


1. Only Heaven Can Wait (For Love)
2. God Don't Like Ugly
3. You Are My Heaven
4. Disguises
5. Don't Make Me Wait Too Long
6. Back Together Again
7. Stay With Me


アルバム『Roberta Flack featuring Donny Hathaway 』からピックアップ
  ♪Back Together Again  

ファンクバンドMtume活動前はマイルス・デイビスのバンドいた
パーカッションJames MtumeとギターReggie Lucasは
ロバータ・フラックのバックもしていたそうです

James Mtumeと Reggie Lucasによって書かれた♪The Closer I Get To Youは
Roberta Flackのアルバム「Blue Lights in the Basement」(1977年) に
収録されています

それから間もない1979年1月13日にダニーが亡くなります

そして未発表だった作品をダニーに捧ぐという形でアルバムにし
「Featuring Donny Hathaway 」を1980年にリリース
そして、その中に収録された大名曲♪Back Together Againも
James Mtumeと Reggie Lucasによるものです

▼Roberta Flack featuring Donny Hathaway - Back Together Again (1980)
Back Together Again - Roberta Flack

Mtumeは♪The Closer I Get To Youも♪Back Together Againの他にも
一度聴けば印象的で記憶に残る名曲を作りプロデュースしているんですね
80年代のファンクバンド期以外にもっとスポットライトをあててみたくなりました


歌詞は続きをクリックしてね♪

0

エムトゥーメMtume - Kiss This World Goodbye (1978) からピックアップ ♪The Closer I Get To You

ファンクグループのグッドなスローナンバー 企画 第7弾

James Mtumeと Reggie Lucasによって書かれた
♪The Closer I Get To Youをピックアップ

James Mtume率いる6人編成のセルフコンテインドバンド
活動期間は短く1977年から
女性リードボーカルのTawatha Ageeがソロになる前の1986年まで
メンバーの大きな入れ替わりが有り以下のように2期に分けられます

■1977~1980年
James Mtume (vocals, percussion, keyboards)
Hubert Eaves III (keyboards)
Tawatha Agee (vocals)
Reggie Lucas (guitars)
Basil Fearington (bass)
Howard King (drums)

<アルバム>
Rebirth Cycle(1977)
Kiss This World Goodbye (1978)
In Search of the Rainbow Seekers (1980)


■1983~1986年
James Mtume (vocals, keyboards)
Tawatha Agee (vocals)
Raymond Jackson (bass)
Philip Field (keyboards)
Ed "Three" Moore (guitars)
Leslie Ming (drums)

<アルバム>
Juicy Fruit (1983)
You, Me and He (1984)
Theater of the Mind (1986)



6枚のアルバムのうち緑色の4枚を持っているのですが
いずれもLPのため、只今再生できません~(; ;)

ピックアップしたいのは持ってないLPで、『Kiss This World Goodbye 』から
James Mtumeと Reggie Lucasによって書かれた♪The Closer I Get To Youです!
Mtume.jpg
1) Theme (for The People) (opening)
2) Just Funnin'
3) Kiss This World Goodbye
4) Insert
5) The Closer I Get To You
6) Love Lock
7) Funky Constellation
8) Closer To The End
9) Metal Flake Mind
10) Phase 1 (40 Seconds Dedicated To All Conga Players)
11) Day Of The Reggin
12) This Is Your World
13) Theme (for The People) (exit)



この曲はRoberta Flack が Donny Hathawayとデュエットで
James Mtumeのプロデュースによって1977年に出したものです

『Kiss This World Goodbye 』には
オリジナルバージョンが収録されているそうです
現在、アルバムが入手困難ですが、2003年に出されたベストソングアルバムに
おさめられています
   ↓

The Best of Mtume and LucasThe Best of Mtume and Lucas
(2003/12/29)
Mtume & Lucas




というわけで、Mtume 1978年バージョンをピックアップ
▼Mtune - Closer I Get To You 1978
Closer I Get To You - Mtume      
Roberta Flack と Donny Hathaway の♪The Closer I Get To Youの他に
最近ではLuther Vandross と Beyonc Knowles (2003)のカバーが
記憶にあたらしいところですね

Mtumeはバンドとしての活動は80年代で終わっていますが
プロデューサーとして90年代以降のR&Bを大きく牽引してきた
すごい人たちですね
また、関連記事を後日エントリーしたいと想います

ファンクバンド
ファンクグループのグッドなスローナンバー

0

ミント・コンディションMint Condition - Definition Of A Band 1996

またまた
ミント・コンディションMint Condition

「 Definition Of A Band (1996)」最高傑作と評判のアルバムからの紹介

この時期、多くのボーカルグループがいいCDを出していますが
ライブでのパフォーマンスを収録したものが少ないですね
ライブでも同じようにやれる
あるいは、それ以上にやれるグループにこそ、
もっとスポットライトを・・・と想います

▼What Kind Of Man Would I Be (Live)





ミント・コンディションMint Condition - Definition Of A Band 1996
▼Definition Of A Band

Definition of a BandDefinition of a Band
(1996/09/24)
Mint Condition


01. Definition Of A Band-Intro
02. Changer Your Mind
03. You Don't Have To Hurt No More
04. Gettin' It On
05. What Kind Of Man Would I Be
06. Let Me Be The One
07. Definition Of A Band-Swing Version
08. Ain't Hookin' Me Up Enough
09. Funky Weekend
10. I Want It Again
11. On & On
12. The Never That You'll Never Know
13. Asher In Rio-Interlude
14. Raise Up
15. On & ON-Reprise,
16. Sometimes
17. Missing
18. If It Wasn't For Your Love-Dedication

▼You Don't Have To Hurt No More


ファンク

6

ミント・コンディションMint Condition - So Fine :Album "From The Mint Factory"

ブックオフで出会った企画 第8弾

ミント・コンディションMint Condition - So Fine :Album "From The Mint Factory"

・ストークリーStokley Williams (vocals, drum)
・ホマーHomer O'Dell (guitar, keyboards, synthesizer, background vocals)
・ジェフリーJeffrey Allen (fender rhodes, tenor sax, keyboards, background vocals)
・ケリKeri "K.L." Lewis (guitar, keyboards, background vocals)
・ラリーLarry Wadell (piano, fender rhodes, keyboards, background vocals)
・リッキーRicky Kinchen (bass, background vocals)
・クリスChris "Daddy" Dave (drums, background vocals)
の7人編成のセルフコンテインドバンド

1991年に"Meant To Be Mint"でデビューし、紹介は2作目の
1993年の"From The Mint Factory"~以後アルバムも出し、現在も活動中

生楽器を使い自身が演奏し、そのファンキーなサウンドは
90年代のファンクバンドを代表するグループと言っていいと想います
サウンドのみならずストークリーの高く甘めの歌声が特徴的で
そこにコーラスグループに匹敵するコーラスが重なるのでたまりません~♪
ミドル~スローを得意とするバンドで
ライブでさらにパワーアップするからすごいです!

▼From The Mint Factory

From the Mint FactoryFrom the Mint Factory
(1993/10/05)
Mint Condition


01. Intro: Welcome To The Mint Factory
02. Nobody Does It Better
03. If The Feeling's Right
04. Devotion
05. Someone To Love
06. U Send Me Swingin'
07. 10 Million Strong
08. Gumbo
09. Good For Your Heart
10. Harmony
11. So Fine
12. Back To Your Lovin'
13. Always
14. Baile De Febrere(For Asher)
15. My High
16. Fidelity

▼So Fine


先日、ミントコンディションはビルボード大阪に来ていたところでしたね~♪

ファンク

0

マンハッタンズ/ジェラルド・アルストン来日ライブMP3The Manhattans -"At This Moment"by Billy Vera : Live in Tokyo Sibuya Live Inn 1987

1987年12月、渋谷のライブインで行われたマンハッタンズのライブがあり
当時、その模様がFMで放送されました
それを個人的にエアチェックして、カセットテープのまま保存していました

受信状態が悪く、ノイズが入っていますが
それが気にならないほど、素晴らしいライブ録音でした

その中からのピックアップです

来日ライブMP3  ~ マンハッタンズ 第2弾!!!
とってもレアかもしれない?!
    ↓
The Manhattans -"At This Moment"by Billy Vera
               : Live in Tokyo Sibuya Live Inn 1987


"At This Moment"はBilly Vegaの作品

アメリカの人気TV番組『Family Ties』で
1985年の秋に放送されたエピソード「 Alex meets Ellen 」の挿入歌だったようです
Alex (Michael J. Fox) と Ellen (Tracy Pollan)が
ロマンティックに見つめ合うシーンなどで使われた事で、
たいへんな反響を呼び、15週間チャート1位を記録しました
そして、1986年に Rhino records から再リリースしています

Gerald Alstonはそんな大人気曲を歌ってくれていたんですね~♪
当時、そんなことも知らず聴いていました

これは1987年だったからこその素敵なプレゼントではないでしょうか♪
このライブ山場のバラードで、素晴らしい歌声を聴かせてくれています
絶対、泣きますよ!

▼he Manhattans -"At This Moment"by Billy Vera
               : Live in Tokyo Sibuya Live Inn 1987


At This Moment (by Billy Vera) live - The Manhattans

オリジネイター
  ↓
▼Billy Vera &the Beaters - "At This Moment"


歌詞は続きをクリックしてね♪

4

マンハッタンズ/ジェラルド・アルストン来日ライブMP3 The Manhattans - You Send Me - Live in Tokyo Sibuya Live Inn 1987

2008年5月末にビルボードライブのツアーで来日した
マンハッタンズに行かれた方いかがでしたか?

私は行けませんでした~(; ;)
で、21年前の東京ライブのテープをココへ引っ張りだして来きました♪

来日ライブMP3
The Manhattans - You Send Me - Live in Tokyo Sibuya Live Inn 1987

1980年代は、ほぼ毎日のようにどこかで黒人シンガー、ミュージシャンのライブを
大きいホールから小さなライブハウスまで,いろんな所でやっていた黄金期でした

▼1987年12月の渋谷ライブインのフライヤー
080724_1023~0001

(ギャップバンドは中止となり急遽来たのがミッドナイトスター)


さて、マンハッタンズのライブの様子はFMでオンエアされることとなり
オーディオセットの前にかじりついたのですが
受信状態が悪く、ノイズが入ってしまいました

オンエアの1曲目がThere's No Me Without You (1973)
2曲目は When We Are Made As One(1969/1985)から始まって
その後はヒット曲の嵐です~~~♪

その中から ♪You Send MeをピックアップしてMP3にしました
(他の曲もまた後日アップできればと想います~)
ノイズ入りですが、1987年12月という時期は貴重かも・・・
ソロアルバムを出す前のジェラルドの生歌が聴けますよ♪

来日ライブMP3
▼The Manhattans - You Send Me - Live in Tokyo Sibuya Live Inn 1987

You Send Me Live in Tokyo Sibuya Live Inn12.12.1987/on air FM - The Manhattans

ライブ全体を通して聴くと、バックのベースやドラムが良くとても気持ちいいです
調べると専属ツアーバンドのようです

0

The Manhattans - Too Hot To Stop It (1985)

The Manhattans - Too Hot To Stop It (1985)

このアルバムはレアだそうです
私は持っていないので、探しています~

▼The Manhattans - Too Hot To Stop It
MANHATTANStoohottostopit.jpg

1) Don't Say No
2) You Send Me
3) Angel Of The Night
4) When We Are Made As One
5) C'est La Vie
6) Dreamin'
7) You're Gonna Love Being Loved By Me
8) Too Hot To Stop It

1985年当時のビデオクリップのようです
上の来日ライブのエントリーと聴き比べるとおもしろいかも♪

▼ You Send Me




4

Gerald Alston - Gerald Alston Sings Sam Cooke  ( 2008)

昨日から息子が宿泊学習で2泊3日のお泊まりに行ってます

息子のいない間、ラジカセを拝借して
21年前のマンハッタンズの来日ライブのカセットテープを再生してみました
FMのエアチェックで録音したものですが
これがとてもよかった!

残念なことにノイズがすごく入ってるのですが
1985年にカバーした♪You Send Meも入っていました

そのリードのGerald Alstonが待望のサム・クックのカバー集を出しました!

Sam Cooke直系の渋甘実力派ソウルシンガーとして認められてるのに
世界中のライブで "A Change Is Gonna Come" や" You Send Me"を歌ってるのに
なかなか出ず・・・じらされましたね♪

▼Gerald Alston - Gerald Alston Sings Sam Cooke
geraldcdcover-sm.jpg

1. You Send Me
2. Sentimental Reasons
3. Only Sixteen
4. Wonderful WorldGerald Alston my space で出来ます♪
5. Chain Gang
6. Cupid
7. Twistin' The Night Away
8. Bring It On Home To Me
9. Having A Party
10. A Change Is Gonna Come
11. Good Times
12. That's Where It's At
13. A Change Is Gonna Come (Live in K.C.)

ボーナストラックに "A Change Is Gonna Come" のライブバーションが
収録されていてスペシャルゲストで Gerald Albrightが!

また、サム・クックの弟さんがコメントを寄せています
   ↓
"Gerald Alston is easily one of the best singers of today. He is soulful, and you can understand every word he is saying. One thing that Sam Cooke loved is a great singer, and Gerald is a great singer. Gerald is the kind of singer that most singers listen to and wish they could sing like him. If you buy this CD and you don't like it, I will personally give you your money back. I consider Gerald Alston my Little Brother" - L.C. Cooke

アマゾンで手軽に買えないのが残念・・・(ジェラルドのサイトでも購入できるようです)

サンプル
  ↓
▼You Send Me / A Change Is Gonna Come
You Send Me / A Change Is Gonna Come sample - Gerald Alston
やっぱり全編ライブで聴きたいね~ライブの方がすごいもん♪

0

♪You Send Me

Sam Cookeや♪You Send Meについては
R 'n' S & B + c』さんのサイトを参考にさせて頂いています。
是非、ご訪問くださいませ~
   

▼Sam Cooke - You Send Me (1957)


▼You Send Me (demo vr.)


▼Sam Cooke "You Send Me"




▼カバー
The Four Seasons (1964)
Otis Redding (1964)
The Supremes (1965)
Percy Sledge (1967)
Aretha Franklin (1968)
Mavis Staples (1969)
Ovations(1974)
Steve Miller Band (1976)
Nicolette Larson (1978)
Richie Havens (1980)
Richard "Dimples" Fieids (1982)
Barbara Dickson (1985)
Manhattans (1985) → → → ♪来日ライブMP3(1987.12.12渋谷ライブイン)
Hiram Bullock (1987)
Fairground Attraction (1988)
Michael Bolton (1992)
Marva Wright (1995)
Sam & Dave (1996)
Marcia Hines (2004)
Lulu (2005)
Mica Paris ( 2005)
Rod Stewart & Chaka Khan ( 2005)
Aaron Neville ( 2006)
Gerald Alston(2008)

その他たくさんありそう~

歌詞は続きをクリックしてね♪


 

0

ロゼッタ・ジョンソンRozetta Johnson - Mine was real from "Personal Woman" 試聴

2007年暮れ頃に初の単独名義の未発表曲を含むCD化と話題になっていたけれど
引越前後のてんやわんやでそのままスルーしています

レビューによると
ロゼッタ・ジョンソン(アラバマ出身)は迫力ある歌声で魅了するディープなシンガー
Jess L.Lewisに認められ1970年から75年にかけて
Clintoneに6枚のシングルをリリースした音源中心の収録盤で、
ほとんどSam Dees がプロデュースしているそうです

▼Rozetta Johnson - Mine was real 

Personal WomanPersonal Woman
(2007/11/20)
Rozetta Johnson


1. A Woman's Way
2. Mine Was Real
3. Who Are You Gonna Love
4. I Can Feel My Love Comin' Down
5. Holding The Losing Hand
6. Chanined And Bound
7. To Love Somebody
8. Can't You Just See Me
9. How Can You Lose Something You Never Had
10. Personal Woman
11. (I Like Making That) Early Morning Love
12. It's Been So Nice
13. I've Come Too Far With You
14. You Better Keep What You Got
15. For That Man Of Mine
16. Mama Was A Bad Seed

▼Rozetta Johnson - Mine was real 
Mine was real - Rozetta Johnson

買いましょう~♪


0

ブライアン・ウイルソンBryan Wilson - Just Do Something

1994年のMississippi Children's Choir のセカンドアルバム「A New Creation」で
当時14才のBryan Wilson歌った♪His Eye Is On The Sparrowが評判でした

現在28才のBryan Wilson自身によるYouTube投稿ビデオ
どうせなら、音も映像もHQで投稿してほしかったな~
今どきのゴスペル
   ↓
▼Bryan Wilson - Just Do Something


J Moss Kiki Sheard Nikki Ross Byron Cage Karen Clark Sheard Tye Tribbett Daryl Coley Tramaine Hawkins Yolanda Adams Rev James Moore Mississippi Mass Choir Donnie McClurkin Smokie Norful CeCe Winans Gospel Music Shouting Praise Break Contemporary Christian Soul Stellar Awards Dove Awards Celebration of Gospel

2

デビッド・オリバーDavid Oliver - Friends and Strangers / MS from 'Jamerican Man ' 1977

デビッド・オリバーの2曲をピックアップ

▼David Oliver - Friends and Strangers / MS from 'Jamerican Man ' 1977
David-Oliver-Jamerican.jpg

David Lee Oliver
1942年フロリダ生まれ(1982年没)で両親がジャマイカからの移民だったそうです
テンプスやスモーキーに影響をうけ、15才位からコーラスグループで歌っていたらしく
表もハイトーンで、ファルセットを得意としたようです

卒業後は空軍で5年ほど歌い、
退役後1967年からジャマイカ系のFive Days & Three Nightsというグループに
その後、the Mighty Joe Hicks Band のシンガーとして1975年まで在籍したようです

「Friends and Strangers」はソロで1977年に出した""に収録されている物で
後になってRonnie Laws と Dave Grusinによってカバーされたことで
彼の死後、知られるようになったとのことです

「MS」は当時R&Bチャートで13位になるヒットだったとか

私は全く知りませんでした~
知名度は低いものの、通の方の評価がとてもいい盤らしいです
「MS」ではなんともせつないファルセットボイスで独特の世界に引きずり込まれました

♪ Friends and Strangers


♪MS



4

♪I Wanna Be Where You Are  歌詞

♪I Wanna Be Where You Are  歌詞

レオン・ウェアLeon Ware と Arthur "T-Boy" Ross(ダイアナロスの弟)の作品で
ジャクソン・ファイブのために作られました

私は♪A Love Of Your Ownと同じ1978~1979年頃に
Melissa Manchester のアルバムsingin'で出会いました

ソングライターのメリッサですが、このアルバムはカバーが多いのが特徴
メリッサはこのアルバムでジャクソン・ファイブがカバーした
スライのStandをもカバーしています
以上の3曲にとても魅力を感じたことから、ブラックミュージックの世界へ入りました

♪メリサ・マンチェスターMelissa Manchester  1977
I Wanna Be Where You Are - Melissa Manchester

★その他のシンガーによるカバー
  ↓
以下は視聴できます~♪続きをクリックしてね♪ 歌詞も!
The Jackson 5(1972)
Willie Hutch (1973)
Leon Ware (2001)
Carleen Anderson ft.Paul Weller (2005)
Jason Weaver

以下は準備中、または音源もってません・・・(; ;)
Leon Thomas (1973)
O'Donel Levy (1973)
Zulema (1975)
Marvin Gaye (1976)
Ronnie Dyson (1977)
Sybil (1989)
Vanessa Falabella
Whitney Houston




5

♪A Love Of Your Own 歌詞

♪A Love Of Your Own 歌詞

ネッド・ドヒニーNed Dohenyと
Average White Bandのハミッシュ・スチュワートとの共作 (1976)

この曲との最初の出会いは1978~9年頃に買ったこの人のLPでした~♪
  ↓
★♪メリッサ・マンチェスターMelissa Manchester 1977
melissamanchester.jpg
1977年のアルバム"Singin'"のA面3曲目に収録されています
バックミュージシャンはスティーブ・ガッドにウィル・リーなど
一流どころばかりでアレンジが今聴いてもとてもいいと想います

★♪メリッサ・マンチェスターMelissa Manchester 1977
A Love Your Own - Melissa Manchester

2007年にCDで再発されたようです
手持ちLPは実にあっさりしたものでライナーも作曲者の記述もありませんでした
が、この他にソウルトラックがいくつか有って
とても好きになりました
ここから、ブラックミュージックの深みへハマっていったので
個人的に感慨深いLPです

このことを想い出させて下さったのは kofnさん です~感謝♪

♪アベレージ.ホワイト・バンドAverage White Band 1976
♪ネッド・ドヒニーNed Doheny 1976

♪エボニーズ The Ebonys 1976

♪ミリー・ジャクソンMillie Jackson 1977

♪ミリー・スコットMillie Scott 1988

♪ティーズ Tease 1988

♪ハワード・ヒュエットHoward Hewett 1994

♪J・ホリディ

    ↓ 以上のシンガーの視聴と歌詞は続きをクリックしてね♪ ↓
                

0

『ファンクグループのグッドなスローナンバー 第6弾』アベレージ・ホワイト・バンドAverage White Band - A Love of Your Own from "Soul Searching" 1976

Average White Band - A Love of Your Own from "Soul Searching" 1976

♪A Love of Your Own
『ファンクグループのグッドなスローナンバー 第6弾』

▼Average White Band
P10842FP611.jpg
・Singer/bassist :Alan Gorrie   ・guitarists: Hamish Stuart Onnie McIntyre
・tenor saxophonist :Malcolm Duncan ・ keyboardist/saxophonist :Roger Ball,
・drummer :Robbie McIntosh

名曲中の名曲ですので説明不要だと想いますが
ネッド・ドヒニーNed Dohenyと
Average White Bandのハミッシュ・スチュワートHamish Stuartとの共作 

私がこの曲に出会ったのは1978~9年ごろだったと想います
初めて買った「輸入レコード」にすごく魅力を感じた曲が2つありました
このレコードは白人女性のもので、
その内のひとつがこの♪A Love of Your Own(カバー集を作りました) でした


それがAverage White Bandの曲だと知ったのはずいぶんと経ってからです

♪A Love of Your Own from "Soul Searching" 1976


Average White Band - A Love of Your Own from "Soul Searching" 1976

♪A Love of Your Own
『ファンクグループのグッドなスローナンバー 第6弾』

0

マーゴ・サンダーMargo Thunder - Expressway To Your Heart 1975

下のエントリー「9.9」よりさらにさかのぼること約10年
マーゴ・サンダーMargo Thunder - Expressway To Your Heart 1975

13才のマーゴがSoul Survivorsのヒット曲をカバーし
Capitalからシングルが出ていたそうです

私はまったく知らなくて、vinyljunkie1960さんの熱い語りで知りました
ソングライターとして楽曲の提供で活躍もしているとのことです
マーゴを軸にさかのぼってみて
この Expressway To Your Hearが素直にソウルフル!
一番気に入りました♪
     
▼Margo Thunder - Expressway To Your Heart 1975


my space でおおむねキャリアがつかめましたが
さらに詳細をご存知の方、コメントよろしくお願いします


0

マーゴ・サンダーMargo Thunder @ 9.9 - All Of Me For All Of You

属するグループのネーニングで損したかな~と思える
マーゴ・サンダーMargo Thunder その2
下のエントリー「Lady Soul」よりさかのぼること7年

「9.9」時代 
記号、数字があたまのグループ名って、整理しにくいですね
マーゴ・サンダーと他Leslie Jones 、Wanda Perryとの3人組
Richard 'Dimples' Fieldsのプロデュース
 ↑ソウルファンの方はココからもチェックが入ってはいっていそうですね♪

▼9.9 - 9.9 (1985)
9999.jpeg
A1 All Of Me For All Of You
A2 Feel The Fire
A3 I Like The Way You Dance
A4 Hypnotized
B1 Hooked On You
B2 Little Bitty Woman
B3 I'll Help You Forget About Him
B4 (Owch!) Hot Blood Pressure

imeemでも何万回も再生されてる人気曲
A1 All Of Me For All Of You
     ↓
 視聴は続きをクリックしてね♪


マーゴ・サンダー その3へ続く・・・

コーラスグループ

0

マーゴ・サンダーMargo Thunder @Lady Soul - If My Sister's In Trouble (1992)

「 Lady Soul 」1992年

1975年からキャリアのあるマーゴ・サンダーMargo Thunderを軸にした
Rise' Engermann、Phaedra Butler の女性3人のコーラスグループ

▼Lady Soul - Lady Soul 1992
ladysoul1.jpg
1. My Mind's Made Up
2. Don't Forget About Me
3. Change
4. Lady Marmalade
5. (I'm Gonna) Give U All My Love
6. Just Call My Name
7. Nobody Can Tell Me
8. Everything Changes
9. I Wanna Be Your Baby
10. You Gonna Make Me Love Somebody Else
11. Feels Like The First Time
12. Can You Find A Place In Your Heart
13. If My Sister's In Trouble

1992年のデビューアルバムでこれ1枚で、終わってしまったようです
Lady Soul と聴けば、アレサやテンプテーションズ
その他偉大な女性シンガーへのリスペクトを表す言葉として
思い浮かべてしまい、どうもイケマセンね
事情はしりませんが、このグループ名は業界で不評じゃなかったのかな・・・

けれど、このCDはかなりレアだそうです
私は出会った事がありません
アリソン・ウイリアムズのカバーと思われる6や
ラベルの4などを余裕でこなして歌ってるそうなのですが・・・
音源をお持ちの方、是非アップしてくださいね~

手持ちCDで唯一聴けるのが、映画「Sister Act」のサントラ盤に収録されている
▼ If My Sister's In Trouble
If My Sisters In Trouble - Lady Soul



マーゴ・サンダー その2へ続く・・・
コーラスグループ

0

グレディ・ハーレルGrady Harrell - Stick and Stones from "Come Play With Me" (1989)

Grady Harrell - Stick and Stones from "Come Play With Me" (1989)

ジャッキー・ウィルソンの髪でサム・クックの声と評された
グレディ・ハーレルは9才からプロとして活動していたそうです
Shalamarに見いだされ、80年代中頃にSolarへ

▼Mwana 1984(フレッド・ウェスリーがプロデュース)
gradyharrell1.jpg

1) Belinda
2) Mwana
3) I Can't Say Goodbye
4) I Can't Get Over You
5) Lay It On Me
6) Wrong Side Of Love
7) Somewhere (love Will Lead The Way)
8) I Love My Family
9) Make It By Yourself

▼ Come Play With Me 1989 RCAへ移籍
gradyharrrell2.jpg

曲目はアマゾンで確認できます→Come Play with Me

▼Romance Me
 1990
grady3.jpeg


以後1990代はDazz Bandとともに舞台でジャッキー・ウィルソンやっていたそうですが
サムとかジャッキーとか、ちょっと欲張りすぎてる感じがどうなんだか~

下のエントリーで紹介したアルバム"Soul Mission"のタイトル曲を歌っているのが
このGrady Harrell で、友人に聴かせると「これ、マイケル?」って言ってました(笑)
ホント、良く似てます
ですが、このライブはRCAからの2枚のアルバムよりずっと好印象で
本人名義のアルバムがニュージャックスイングじゃなかったらな~と
想ったり・・・

▼Grady Harrell - Stick and Stones from "Come Play With Me "  (1989)


1stアルバムの情報をお持ちの方はコメントください♪
よろしくお願いします~


0

テイタ・ベガTata Vega - Table In The Wilderness from "Soul Mission" (1993)

Soul Mission - Soul Mission(1993)
Tata Vega - Table In The Wilderness from "Soul Mission"

発売当時から今まで、ずっと聴いてるお気に入りのアルバムの紹介です
ブックオフでは出会える率が低いかも・・・流通量がすくなそう(笑)

ダレル・ブラウンDarrell Brownとデヴィッド・バトーDavid Batteauのプロデュース
ゴスペルを60'~70'ソウルミュージックで聴かせて楽しませる」を
コンセプトに制作されたお楽しみアルバム
   ↓
Soul Mission - Soul Mission←全曲試聴可:米アマゾンへ飛びます
79_7.jpg


1. Table In The Wilderness - Tata Vega
2. Some Sweet Day (Ain't It Wonderful) - Mavis Staples
3. Soul Mission - Grady Harrell
4. Cross Of Stone - Victor Cook
5. Tear This House Down - Lynn Davis
6. One Blood - Tata Vega&Gavin Christopher
7. Settled In Heaven - Grady Harrell
8. He Is Amazing - Tata Vega
9. Salvation Road - Lynn Davis
10. Give It All To Jesus - Alfie Silas

手持ちCDには1993年10月21日ソニーから発売されたとあります
当時、プログラムされたリズムマシンとシンセの音に食傷気味?!だったので
このライブ盤に出会った時の感激は忘れません!

というのも、スタジオライブ録音のミュージシャンがすごい顔ぶれなんですよ!
James Gadson(ドラム)にFreddie Washington(ベース)
それにモータウンからBobby Holl(パーカッション)
極めつけはBooker T. & The MG'sから
Booker T. Jones(オルガン)とSteve Cropper(ギター)の二人

ボーカル陣も Mavis Staples など上の曲名横に書いたような豪華な顔ぶれ

たった4日間でほとんど一発取りのスタジオライブ録音ですが
音質もよく、楽器の生音の魅力がたっぷり味わえます

ソウルの真髄を知り尽くしたミュージシャンと
本当に実力のあるシンガーとのパフォ-マンスは
最高の高揚感をもたらしてくれます

テイタ・ベガTata Vegaがとても良く聴き応えあります
(映画「カラーパープル」の Miss Celie's Bluesなどでおなじみ)
その他、捨て曲はありません~是非ゲットして聴いてほしい1枚♪

▼Tata Vega - Table In The Wilderness from "Soul Mission"
Table In The Wilderness - Soul Mission

ゴスペル
ソウルフルなミュージシャン

6

アル・グリーンAl Green - A Change is Gonna Come

ブラックムービーのサウンドトラックはその時代を反映していて面白い
時には驚く内容があって見逃せないです!

AliAli
(2001/11/27)
Original Soundtrack



映画「 アリ 」から
アル・グリーンAl Green - A Change is Gonna Comeをピックアップ
バックバンドは Booker T. & The MG's でライブですから♪
ソウルファンなら聴き逃さないはず!

▼Al Green - A Change is Gonna Come Live
A Change is Gonna Come - Al Greene

ソウルフルなミュージシャン

0

オーティス・レディング Otis Redding - A Change Is Gonna Come

オーティス・レディング Otis Redding - A Change Is Gonna Come

Otis Blue 1965年に収録

Otis Blue: Otis Redding Sings SoulOtis Blue: Otis Redding Sings Soul
(2008/04/22)
Otis Redding



"Ole Man Trouble"
"Respect"
"A Change Is Gonna Come"
"Down in the Valley"
"I've Been Loving You Too Long"
"Shake"
"My Girl"
"Wonderful World"
"Rock Me Baby"
"Satisfaction"
"You Don't Miss Your Water"

▼Otis Redding - A Change Is Gonna ComeA Change Is Gonna Come - Otis Redding


0

シェメキア・コーブランドShemekia Copeland - 『ソウル・オブ・マン』 THE BLUES Movie Projectより

下のエントリー番外編
シェメキア・コーブランドShemekia Copeland

shemekia.jpg

ブルース&ソウル・シンガー
ジョニー・コーブランドを父に持つ彼女は、ブルースの次代を担うと期待されている
素直な歌唱で、ブルース、ソウル、ロックバラードと器用に歌いこなす

ルノアーの「God's word」をシェメキア・コーブランドが映画の中でカバーしていて
彼女のことを知りました

  ↓ 視聴は続きをクリックしてね♪ ↓

ブルース

0

*Movie - 『ソウル・オブ・マン』監督ヴィム・ヴェンダース THE BLUES Movie Projectより

過去のエントリーの焼き直しです
私のブログは副題にもあるように「音色倉庫」がキーワード
視聴をみつけたので、再投稿です

マーティン・スコセッシ監督総指揮のプロジェクト
「THE BLUES Movie Project」のなかから
  ↓
♪The First Journey~ブルースの魂を見つける旅に出る~
  ▼『ソウル・オブ・マン』

     監督 ヴィム・ヴェンダース
     出演 スキップ・ジェイムス J.B.ルノアー ほか

ソウル・オブ・マン ソウル・オブ・マン
スキップ・ジェイムス (2005/03/04)
日活



ブルースマン:JB・ルノアーが語ったという・・・
「今日は楽しかった。一日中 教会 で仲間と演奏してきたんだ」

▼J.B. Lenoir - The Whale Has Swallowed Me


それから、何よりも何よりも良かったのは  
スキップ・ジェイムスの独特の歌声とギター
あまりにすごすぎて、熱いものがこみ上げ抑え切れませんでした

▼『King of the Blues』 Pヴァイン 
skipjames.jpg


▼Skip James



2

Movie - The Five Heartbeats (1991)

*Movie - The Five Heartbeats (1991) 映画詳細

これは観てないので探してました
今、Youtubeで断片的だけど観れます♪
1991年は「ニュージャックシティー」という名前のどおりのサウンドの
映画がヒットしていたはずで
その同時期にこういうスイートな映画も人気だったというのが感慨深い

サウンドトラックにフックオフで出会あいたいな~♪
    ↓
41R8A4XX80L.jpg
 
1. Heart Is a House For Love, A - The Dells


2. We Haven't Finished Yet - Patti LaBelle


3. Nights Like This - After 7


4. Bring Back the Days - U.S. Male

5. Baby Stop Running Around - Bird & The Midnight Falcons
6. In the Middle - Flash & The Five Heartbeats
7. Nothing But Love - The Five Heartbeats
8. Are You Ready For Me - Flash & The Ebony Sparks
9. Stay in My Corner - The Dells
10. I Feel Like Going On - Eddie, Baby Doll & The L.A. Mass Choir

ブックオフで出会いたいLate80's&Early90's Black Movie Soundtrack

4

ティーズTease - Remember 中古CDがプレミアらしい?!

kofnさんのブログで知った

ティーズTease - Rememberの中古CDがアマゾンで高値になってるそうです

Remember

ずいぶん前にレンタルCD屋さんで見かけ
Mtumeのプロデュースというのが決め手でゲットしました
よもや、高値がつくようになるとは想いませんでした~
080705_2343~0001


アベレージホワイトバンドとネット・ドヒニーの共作のカバー
  ↓
▼Tease - A Love Your Own 1988
A Love Of Your Own - Tease

間が作り出すグルーヴとメローさがとても気持ちいい♪

ブックオフで出会った(出会うかもしれない)じゃないけど・・・
レンタルCDショップ
フリーマーケット
ヤフーオク

狙い目ね♪

0

インディア・アリー@セサミストリートSesame Street - Alphabet song (India Arie)

インディア・アリー@セサミストリート

ネオソウルなアルファベットソング
人柄がでてるな~♪
▼Sesame Street - Alphabet song (India Arie)


インディア・アリー@セサミストリートSesame Street - Alphabet song (India Arie)

0

パティ・ラベル@セサミストリートPatti LaBelle Singing The Alphabet Gospel Style!!

パティ・ラベル@セサミストリート
Patti LaBelle Singing The Alphabet Gospel Style!!

こちらも親子で一緒に楽しめます♪

▼Patti LaBelle Singing The Alphabet Gospel Style!!


パティ・ラベル@セサミストリート

0

クリス・ブラウン&エルモ@セサミストリートSneak Peak of Chris Brown and Elmo Singing on Sesame Street

クリス・ブラウン&エルモ@セサミストリート
Peak of Chris Brown and Elmo Singing on Sesame Street

クリス・ブラウンは2007年グラミーで知りました
40代後半にもなると、若い人の音楽について行けないというか
聴きにくい耳になっちゃってるの・・・これを老化というのだろうか?
けど、クリス・ブラウンは別

ヒップなストリート感覚からトラディショナルまで持ち合わせてて
ダンスも歌もいいし、なによりカッコ良くかわいい♪
世界中が熱狂するのもわかる!

セサミストリートのに出演したとてもいい作品
息子も一緒に楽しんでいます♪
▼Peak of Chris Brown and Elmo Singing on Sesame Street


セサミストリート

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。