Soul Music Soulful Singers 365

@fukuchan7hosi ゴスペル・R&B・ソウル・ファンク/カントリーのお気に入り曲やアーティストの紹介サイト (おすすめ 動画・MP3)50' 60' 70' 80' 90'〜現在まで Gospel R&B Soul Funk Countrysoul #music #nowplaying @TrentWHarmon #TheresAGirl
6

Miki Howard - Love Confessions「ブックオフで出会った(出会うかもしれない) Late80's&Early90's Black Singer(Group)」第4弾

Miki Howard - Love Confessions

「ブックオフで出会った(出会うかもしれない)
Late80's&Early90's Black Singer(Group)」第4弾

あ~ショック、きのう出会ってしまいましたよ・・・
LPを持っているのでゲットはしませんでしたが・・・
このアルバムを売るなんて~~~(; ;)
この時期最高のブラコンといってもいいんじゃないの~>ちと言い過ぎ・・・?

1988年8月、はじめて海外旅行へ~もちろん、アメリカです!
ちょうど、ブログ企画のお題にぴったりな時代ですね

サンフランシスコに到着後、すぐにレコード屋さんに飛び込みLP購入しました
その時に、教えてもらったコンサート「バトワイザー・スーパー・フェス」で
生でミキ・ハワードを観ています♪

フットボール会場で音響も席も悪かったんですが、まわりは黒人の方ばかり!
日本で観るコンサートと違って、反応がめちゃストレート
面白くなかったら、ブ~、よかったらすごいOh,Yes!
座って歌いはじめて、どうなるかと思いきやすごくうまかったのを覚えています

1986年にデビューアルバムで1992年頃まで主な活動時期

Love ConfessionsLove Confessions
CD(1990/10/25)
Miki Howard


*私の手持ち輸入盤はAtlantic LPで1987年になっています

1) Baby Be Mine
2) You've Changed
3)That's What Love Is(with Gerald Levert)
4) In too Deep
5) Crazy
6) Better Love
7) I Wanna Be There
8) Reasons
9) Love Confession

プロデュースはニック・マーティネリNick Martinelliです
やっぱりね~♪
話題になったのは3曲目のジェラルドとのデュエット
ヒットした1曲目 Baby Be Mine の2曲をピックアップ
1曲目にディープなスローを持ってくる~渋い!
カラオケだけど、エモーショナルな生歌がきけます♪  
      ↓
▼Mikki Howard "Baby Be Mine" Live


▼That's What Love Is(with Gerald Levert)
Thats What Love Is - Gerald Levert (ft. Miki Howard)
シカゴ出身で、もちろんゴスペルで育ったシンガー
初期のThe CaravansのメンバーだったJosephin Howardの娘です!

マルコムXにビリー・ホリディ役で出たそうでが
映画館で観たけど、気がつかなかった・・・DVDでチェックしてみましょ♪

Miki Howard - Love Confessions
「ブックオフで出会った(出会うかもしれない)
Late80's&Early90's Black Singer(Group)」第4弾

スポンサーサイト
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。