Soul Music Soulful Singers 365

@fukuchan7hosi ゴスペル・R&B・ソウル・ファンク/カントリーのお気に入り曲やアーティストの紹介サイト (おすすめ 動画・MP3)50' 60' 70' 80' 90'〜現在まで Gospel R&B Soul Funk Countrysoul #music #nowplaying @TrentWHarmon #TheresAGirl
6

マーヴァ・ヒックスMarva Hicks - Marva Hicks「ブックオフで出会った(出会うかもしれない)Late80's&Early90's Black Singer(Group)」第2弾

ブックオフで出会った(出会うかもしれない)
Late80's&Early90's Black Singer(Group)」第2弾

マーヴァ・ヒックスMarva Hicks - Marva Hicks
Marva Hicksのデビューアルバムにして、今の所ラストアルバムをピックアップ

hicks.jpg


出身は南部で祖父の教会で小さい頃から歌い始め
ハワード大学(ダニーやロバータと同じ)へ進学し演劇を学んでいます
才色兼備!
ミュージカルに傾倒し、オーディションの末
1984年のブロードウェイLena Horne: The Lady and Her Musicに出演
リナと2年半の間、生の舞台をともにして鍛え上げられた声の持ち主です

正確なピッチと豊かな表現力、才色兼備なところが業界で話題になり
スティービー、マイケル、ホイットニーなどのツアーのバックボーカルも務めました

アルバムは1枚きりのようですが
舞台、TVで今も活躍する実力派です
レコーディングシンガーだけにとどまる人ではありません

音楽的なルーツはゴスペルですが、
R&Bにおいては大好きで目標とするのはグラディス・ナイトと言っています

▼Marva Hicks - Marva Hicks1991

Marva HicksMarva Hicks
(1991/03/05)
Marva Hicks


1. Never Been in Love Before
2. Searchin' for the Love
3. I Got You Where I Want
4. Never Say Never
5. One Good Reason
6. Strong Is Our Love
7. What Is Love
8. In Love With Love
9. Conviction
10. Life Without You

バラエティーに富む曲構成となっています
アルバムの購入の動機は豪華でその時代の売れっ子プロデューサーが
名前を連ねていたからです

6=スティービー・ワンダー
(アルバムでデビューに尽力した、デュエットまでしてます)
5=ニック・マーティネリ
(ミキ・ハワード、レジーナ・ベルなど当時の人気シンガーを手がけてる)
7=チャッキー・ブッカー
極めつけが
9、10=キッパー・ジョーンズ
(もとティーズのメンバーも参加している)

1990年前後の時代で、チャッキーとキッパーははずせませんよね♪

これだけ並ぶと聴きたくなるでしょ~♪
買って下さいね、只今アマゾンの中古で98円からです~(; ;)

ピックアップは5と1で♪
▼5. One Good Reason
One Good Reason - Marva Hicks

▼1. Never been in Love Before


ブックオフで出会った(出会うかもしれない)
Marva Hicks

スポンサーサイト
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。