Soul Music Soulful Singers 365

@fukuchan7hosi ゴスペル・R&B・ソウル・ファンク/カントリーのお気に入り曲やアーティストの紹介サイト (おすすめ 動画・MP3)50' 60' 70' 80' 90'〜現在まで Gospel R&B Soul Funk Countrysoul #music #nowplaying @TrentWHarmon #TheresAGirl
0

エムトゥーメMtume - Kiss This World Goodbye (1978) からピックアップ ♪The Closer I Get To You

ファンクグループのグッドなスローナンバー 企画 第7弾

James Mtumeと Reggie Lucasによって書かれた
♪The Closer I Get To Youをピックアップ

James Mtume率いる6人編成のセルフコンテインドバンド
活動期間は短く1977年から
女性リードボーカルのTawatha Ageeがソロになる前の1986年まで
メンバーの大きな入れ替わりが有り以下のように2期に分けられます

■1977~1980年
James Mtume (vocals, percussion, keyboards)
Hubert Eaves III (keyboards)
Tawatha Agee (vocals)
Reggie Lucas (guitars)
Basil Fearington (bass)
Howard King (drums)

<アルバム>
Rebirth Cycle(1977)
Kiss This World Goodbye (1978)
In Search of the Rainbow Seekers (1980)


■1983~1986年
James Mtume (vocals, keyboards)
Tawatha Agee (vocals)
Raymond Jackson (bass)
Philip Field (keyboards)
Ed "Three" Moore (guitars)
Leslie Ming (drums)

<アルバム>
Juicy Fruit (1983)
You, Me and He (1984)
Theater of the Mind (1986)



6枚のアルバムのうち緑色の4枚を持っているのですが
いずれもLPのため、只今再生できません~(; ;)

ピックアップしたいのは持ってないLPで、『Kiss This World Goodbye 』から
James Mtumeと Reggie Lucasによって書かれた♪The Closer I Get To Youです!
Mtume.jpg
1) Theme (for The People) (opening)
2) Just Funnin'
3) Kiss This World Goodbye
4) Insert
5) The Closer I Get To You
6) Love Lock
7) Funky Constellation
8) Closer To The End
9) Metal Flake Mind
10) Phase 1 (40 Seconds Dedicated To All Conga Players)
11) Day Of The Reggin
12) This Is Your World
13) Theme (for The People) (exit)



この曲はRoberta Flack が Donny Hathawayとデュエットで
James Mtumeのプロデュースによって1977年に出したものです

『Kiss This World Goodbye 』には
オリジナルバージョンが収録されているそうです
現在、アルバムが入手困難ですが、2003年に出されたベストソングアルバムに
おさめられています
   ↓

The Best of Mtume and LucasThe Best of Mtume and Lucas
(2003/12/29)
Mtume & Lucas




というわけで、Mtume 1978年バージョンをピックアップ
▼Mtune - Closer I Get To You 1978
Closer I Get To You - Mtume      
Roberta Flack と Donny Hathaway の♪The Closer I Get To Youの他に
最近ではLuther Vandross と Beyonc Knowles (2003)のカバーが
記憶にあたらしいところですね

Mtumeはバンドとしての活動は80年代で終わっていますが
プロデューサーとして90年代以降のR&Bを大きく牽引してきた
すごい人たちですね
また、関連記事を後日エントリーしたいと想います

ファンクバンド
ファンクグループのグッドなスローナンバー

スポンサーサイト
0

『ファンクグループのグッドなスローナンバー 第6弾』アベレージ・ホワイト・バンドAverage White Band - A Love of Your Own from "Soul Searching" 1976

Average White Band - A Love of Your Own from "Soul Searching" 1976

♪A Love of Your Own
『ファンクグループのグッドなスローナンバー 第6弾』

▼Average White Band
P10842FP611.jpg
・Singer/bassist :Alan Gorrie   ・guitarists: Hamish Stuart Onnie McIntyre
・tenor saxophonist :Malcolm Duncan ・ keyboardist/saxophonist :Roger Ball,
・drummer :Robbie McIntosh

名曲中の名曲ですので説明不要だと想いますが
ネッド・ドヒニーNed Dohenyと
Average White Bandのハミッシュ・スチュワートHamish Stuartとの共作 

私がこの曲に出会ったのは1978~9年ごろだったと想います
初めて買った「輸入レコード」にすごく魅力を感じた曲が2つありました
このレコードは白人女性のもので、
その内のひとつがこの♪A Love of Your Own(カバー集を作りました) でした


それがAverage White Bandの曲だと知ったのはずいぶんと経ってからです

♪A Love of Your Own from "Soul Searching" 1976


Average White Band - A Love of Your Own from "Soul Searching" 1976

♪A Love of Your Own
『ファンクグループのグッドなスローナンバー 第6弾』

2

お楽しみ企画第5弾 ザップZapp & Roger - Slow And Easy 歌詞

ファンクグループのグッドなスローナンバー第5弾
Zapp & Roger - Slow And Easy

ロジャー名義でご紹介があたのですが、私の方では共有名義で♪

手持ちは輸入盤で1994~5年ごろに購入
▼ Zapp - All The Greatest Hits

All the Greatest HitsAll the Greatest Hits
(2007/10/16)
Zapp & Roger


1) More Bounce To The Ounce
2) Be Alright
3) I Heard It Through The Grapevine
4) So Ruff, So Ruff
5) Do It Roger
6) Dance Floor
7) Doo Wa Ditty (blow That Thing)
8) I Can Make You Dance
9) Heartbreaker (part I, Part Ii)
10) In The Mix
11) Midnight Hour - Live '93 (remix)
12) Computer Love
13) Night And Day '93 (remix)
14) I Want To Be Your Man
15) Curiosity '93 (remix)
16) Slow And Easy >1993 single
17) Mega Medley

お楽しみ企画第5弾のピックアップは
▼Zapp & Roger - Slow And Easy
Slow And Easy - Zapp & Roger
ライブでファンクなスローは休憩タイムの曲じゃなくて
時にはファンクナンバーよりずっと、観客の感情を煽るってくるんです
そんなファンクなスローらしい曲じゃないかなと想って選びました
ライブで「化ける」に違いないからです♪

そして、もう一つの選曲理由がゴスペル
女性ボーカルはファミリーのゴスペルシンガーShirley Murdock
男性の方は下のエントリーで紹介したRonnie"Diamond" Hoard牧師
一時期オハイオ・プレイヤーズのリードをしていた人です

ザップとオハイオ・プレイヤーズの親交

そして、ゴスペル
(♪Midnight Hour にはThe Mighty Clouds of Joyが参加)

黒人コミュニティーで愛され、そして私の魂をゆさぶるファンクは
ゴスペル抜きでは語れないということをあらためて知った曲でもあります

ファンクの大御所グループ
アイズレー・ブラザーズも前身はゴスペルグループですね♪



デュエット曲いいな~・・・次はあの曲のライブかな・・・

歌詞は 続きを読む をクリックしてください♪
                    →


2

Ronnie "Diamond" Hoard - It Is Written ゴスペル

Ronnie "Diamond" Hoard - It Is Written

オハイオ州コロンバスのゴスペルシンガー、グループによるアルバム
「Columbus Gospel Volume 1」に収録された It Is Written を試聴
cgcoverscn-184x184.jpg ronnie.jpg


Columbus Gospelのmy spaceで試聴できます
♪Ronnie "Diamond" Hoard - It Is Written

Columbus Gospelのmy spaceによると
Ronnie "Diamond" Hoardはthe Blind Boys of Alabamaの
ドラムとバックボーカルからスタートして
1984年に地元の勇 The Ohio Playersの
ギター&リードボーカルになった人でアルバム“Graduation”を収録した


▼追記:参考 当時のメンバー
William "Billy" Beck --------------------synthesizers, lead vocals
Marshall "Rock" Jones ------------------bass, vocals
Ralph "Pee Wee" Middlebrooks --------sax, reeds
Dean Sims ---------------------------------trumpet
Ronny "Diamond" Hoard ---------------guitar, vocals
Bryan Clemmens -------------------------vocals, brass
Glynn Sewell -----------------------------bass
Ronnie Cochran --------------------------drums
Less Pell ----------------------------------trumpet, flugel horn
John Woods -----------------------------trumpet, flugel horn
Mark "T-Bone" Casper -----------------trombone, bass
released "Graduation" LP in 1984

    ↑
え?・・・わたしスルーしてました(+ +)
(sugarfootさん抜けて戻るまでの間ですね~)

John P. Kee, Fred Hammond, Mississippi Mass Choir, The Clouds of Joy,
そしてJennifer Holidayなどゴスペル界のスターと共演していて
オハイオとくれば「あの方」とも親交があったそうで、
お楽しみ企画第5弾「またまたスルー」へつづきます~!

現在は オハイオ州コロンバスの
Ephphatha New Ministries Church の牧師さん

YouTubeにひとつだけ映像がありました
▼been good to me (Craig Howard, Ronnie "Diamond" Hoard)


SoundForce Gospel Records
Apostle Ronnie Hoard

ゴスペル
ファンクグループのグッドなスローナンバー番外編

番外編のほうが多いな・・・


0

Oliver Cheatham - Get Down Saturday Night

Oliver Cheatham

「ファンクグループのグッドなスローナンバー」でご紹介のあった
Round Tripのもとリードボーカル
現在はイギリス在住だそうです

バンドで2枚ほどアルバムを出した後、ソロになり
1983年にOne Wayがらみの「Get Down Saturday Night」がヒット

One Wayは聴いていましたが、この方はスルーしていました
今になったけど、出会えてよかった~♪

▼Oliver Cheatham - Get Down Saturday Night


この他にもいくつか曲をだされているようです   
my spaceでスローの『Never Gonna Give You Up』を試聴できます         
           ↓
Oliver Cheatham my space

Round Trip

1番目はファンクナンバーを含む19分で複数曲で構成されていて、
ご紹介のあったYou and Meも3曲目で楽しめます
その他のスローもいいですね~♪

▼Round Trip
Round Trip

お気に入りのプレイリスト~♪
ファンクグループのグッドなスローナンバー番外編

2

お楽しみ企画第4弾 ダズ・バンドDazz Band -Now That I Have You from Album"Joy Stick"

ファンクグループのグッドなスローナンバーお楽しみ企画第4弾
ダズ・バンドDazz Band -Now That I Have You

ライブで叩き上げたバンドの実力はすごいものがあり
また、コーラズグループに匹敵するコーラスワークと
なによりスキップ・マーティン Sennie "Skip" Martinの
リード・ヴォーカルが魅力的♪

個人的にはスキップ・マーティンを追いかけて
レコードを買ってきたようなものです
Hot Spotの後、スキップはKool & The Gang (Sweatで聴けます)に・・・
スキップが抜けた後は魅力が半減してしまいました

さて、お気に入りを欲張ってピックアップ!

アカペラで素晴らしいコーラスワークを堪能できる5
▼1982 - On The One
dazzband_ontheone.jpg

1) Party Right Here
2) Cheek To Cheek
3) On The One For Fun
4) Don't Get Caught In The Middle
5) A Love Song
6) Bad Girl
7) Nice Girls
8) Stay A While With Me
9) We Have More Than Love

おしゃれなミディアム2
▼1982 - Keep It Live
dazz_kil.jpg

1) Let It Whip
2) Gamble With My Love
3) I'll Keep On Lovin' You
4) Just Can't Wait Till The Night
5) Shake What You Got
6) Keep It Live (on The K.i.l)
7) Just Believe In Love
8) Can We Dance
9) Let Me Love You Until

最高のバラードといっていいでしょう4&7
▼1983 - Joystick
dazz_joystick.jpg

1) To The Roof
2) Joystick
3) Swoop (i'm Yours)
4) Until You
5) Rock With Me
6) Straight Out Of School
7) Now That I Have You
8) Laughin' At You
9) T' Mata

後半少しだけと驚異的なファルセットが聴ける7
▼1985 - Hot Spot
dazz_band_hotspot.jpg

1) If Only Were In My Shoes
2) Hot Spot
3) Paranoid
4) All The Way
5) S.c.l.& P. (style , Class, Looks And Personality)
6) She Used To Be My Girl
7) When You Neede Roses
8) Slow Rap

他にもありますが、手持ちがLPレコードで
今ある機材ではMP3にできないんです(; ;)
ピンク色のものだけネット上で見つけたので試聴可能です

で、お楽しみ企画第4弾のピックアップはJoy Stick から
▼Dazz Band -Now That I Have You from Album"Joy Stick"
Now That I Have You - the Dazz Band

後日、1986年のライブのFMオンエア分をアップする予定です
これは来日のものじゃなくてドイツでした
ドイツの方、ノリが良いです! 

Dazz Band

Skip Martin

2

オハイオ・プレイヤーズ 1988年来日ライブ MP3 Ohio Players Live in Japan 1988

来日ライブMP3
ファンクグループのグッドなスローナンバーの番外編

ファンクバンドの真髄はやっぱりライブですね!
オハイオ・プレイヤーズのライブアルバムで
今買える"Ol' School"は1995年12月2日ジョージア州アトランタで
収録されたもので収録曲は
  ↓
1. Skin Tight
2. Ol' School
3. Pain
4. Heaven Must Be Like This
5. Sweet Sticky Thing
6. Thank You
7. I Want to Be Free
8. Love Rollercoaster
9. Fire
10. Megamix
です
私の手持ちCDのジャケットはアマゾンにはありませんでした
  ↓
080619_0037~0001


さて、
▼1988年の東京ライブのFMオンエア分は
1。Rock The House
2。Sweat
3。From Now On (Let's Play)
4。I Want to Be Free
5。Love Rollercoaster
6。Fire

でした
前半は当時の最新アルバム”Back”からで会場が沸きました
そして「I Want to Be Freeはお気に入りの歌なんだ」と
どちらのライブでも語っています

「 I Want to Be Free」から
Love Rollercoasterへと続く構成はファンクの真髄!
そして、Fireへうねるグルーブで観客は最高のたかみへ

続けて聴けると最高なのですが、
アップロードの都合で、ファイル3つになりました
それぞれ、前後の曲をすこし入れてありますので
雰囲気をお楽しみいただけたらと想います

▼1988年東京ライブ I Want to Be Free~Love Rollercoaster~Fire

I Want To Be Free-Ohio Players live in Tokyo Japan at 1988 - Ohio Players



Love Rollercoaster-Ohio Players live in Tokyo Japan at 1988 - Ohio Players



Fire-Ohio Players live in Tokyo Japan at 1988 - Ohio Players


1988年の熱さをお楽しみ頂けたならと、うれしいです♪

来日ライブMP3
ファンクグループのグッドなスローナンバー
Ohio Players

4

お楽しみ企画第3弾オハイオ・プレイヤーズ「Ohio Players- I Want To Be Free」

大物ファンクバンドのご紹介がはじまり
いよいよ楽しみな企画になってきました~

80年代ファンクをリアルタイムで聴いてきたものにとって
70年代ファンクはリアルでなかった分
非常にあこがれが強いんですね

87年ごろ、キャメオやザップが来日して
いよいよ1988年にオハイオ・ファンク最強の正統派が来日すると
知ったときの興奮は忘れません

< 七星の第3弾 >
というわけで、第3弾はオハイオ・プレイヤーズOhio Playersから
080616_2150~0001
    ↑
1988年東京を皮切りに、京都のビッグバンに来ました
まだ大事にチケット半券を取ってあります

080616_2151~0001


↑当時のタワーレコードのチラシ
当時のFMオンエアのテープもあるので
後日、MP3でアップできればと想っています

オハイオ州デイトン出身
聖地ですね

前身はオハイオ・アンタッチャブルズ
結成は1959年、61年にはウイルソン・ピケットをリードボーカルとする
ファルコンズの”I Found A Love”のバックをやっていたそうで
メンバーはがらっと変わっているそうです(笑)

FireFire
1. Fire
2. Together
3. Runnin' from the Devil
4. I Want to Be Free
5. Smoke
6. It's All Over
7. What the Hell
8. Together/Feelings

3から4へ、いいですね~というわけで4をピックアップ

I Want To Be Free - Ohio Players

ファンクグループのグッドなスローナンバー

6

お楽しみ企画第2弾キャメオ「CAMEO - Why Have I Lost You from"CAMEOSIS " 1980 歌詞

お楽しみ企画
ファンクグループのグッドなスローナンバー

YouTubeでキャメオを検索してびっくり!
このブログは1年ちょっとまえからですが
そのころはYouTubeにそんなにはなかった気がする
キャメオだけじゃなくファンクバンドがいっぱい!


< 七星の第2弾 >
▼CAMEO - "CAMEOSIS " 1980(Chocolate City CCLP-2011)から
080616_0110~0001


4枚目のアルバムの "Secret Omen”(1979)の「Sparkle」が
ビルボードでR&B10位を獲得していて
好きな人が多いスローだと想います

その後すぐにでたアルバム"CAMEOSIS"からは
「We're Going Out Tonight」が11位を獲得
私はこの曲が大好き♪

そして、今回のピックアップは
       ↓
CAMEO - Why Have I Lost You from"CAMEOSIS " 1980

試聴は1997年のCD”WORD UP”ライブ盤から

Live: Word UpLive: Word Up
(1998/04/10)発売
Cameo


Why Have I Lost You - Cameo 

▼スタジオ


このアルバムのB面のラストに収録されており
心地良く最後に針が上がるというわけです

歌詞は「記事の続きを読む」をクリックしてね

ここからはおまけのお楽しみで
▼Cameo - We're Going Out Tonight (1980)


ラリー・ブラックモンのタイトなドラムが要!
▼Cameo - Cameosis (Live 1980)


CAMEO


ファンクグループのグッドなスローナンバー
歌詞

5

お楽しみ企画第1弾レッド・ホットRedd Hott - Remember from ”#1”

ロックとソウルとフライフィッシングさんが
ソウル茶屋(町)さんとの連動でアップされている
ファンクグループのグッドなスローナンバーというお題の
素敵な企画に釘付けに!

80年代ファンクの黄金期は20代でした
ライブやLP(LPです!)にお給料をつぎ込んでいた時期
私も好きな曲がたくさんあります~♪

というわけで、勝手に連動企画に参戦!楽しませて頂きます~♪

< 七星の第1弾 >

▼レッド・ホットRedd Hott の Album”#1”から
080615_0002~0001


Redd Hott ”#1”はヘビーローテーションの1枚です

通の方ならよくご存知で1982年に輸入されたLPは、
言うまでもなく「幻の名盤」です
私のものは1991年ブルース・インターアクションズから出たCD

Redd Hottはレジー・グリフィンと
ケニー・エドモンズ(ベビー・フェイスです!)ほか
実力の有るメンバーばかりの歌えるファンクバンド
アルバムのプロデュースはジョージ・カー

ライナーノートは鈴木啓志氏で
 1曲目「Ecstacy」が好きで好きでたまらない
 2曲目「You For Me」がすばらしい
と書かれています>確かに!

私は
 どファンクの6曲目「Big Fat Bottom」がめちゃお気に入り!
 メローな7曲目「Remember」も好きです♪
           ↓
▼レッド・ホットRedd Hott の『Remember 』 from Album”#1”Remember - Redd Hott

次は・・・LPばかりやん(><)
ファンクグループのグッドなスローナンバー

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。