Soul Music Soulful Singers 365

@fukuchan7hosi ゴスペル・R&B・ソウル・ファンク/カントリーのお気に入り曲やアーティストの紹介サイト (おすすめ 動画・MP3)50' 60' 70' 80' 90'〜現在まで Gospel R&B Soul Funk Countrysoul #music #nowplaying @TrentWHarmon #TheresAGirl
0

テイタ・ベガTata Vega - Table In The Wilderness from "Soul Mission" (1993)

Soul Mission - Soul Mission(1993)
Tata Vega - Table In The Wilderness from "Soul Mission"

発売当時から今まで、ずっと聴いてるお気に入りのアルバムの紹介です
ブックオフでは出会える率が低いかも・・・流通量がすくなそう(笑)

ダレル・ブラウンDarrell Brownとデヴィッド・バトーDavid Batteauのプロデュース
ゴスペルを60'~70'ソウルミュージックで聴かせて楽しませる」を
コンセプトに制作されたお楽しみアルバム
   ↓
Soul Mission - Soul Mission←全曲試聴可:米アマゾンへ飛びます
79_7.jpg


1. Table In The Wilderness - Tata Vega
2. Some Sweet Day (Ain't It Wonderful) - Mavis Staples
3. Soul Mission - Grady Harrell
4. Cross Of Stone - Victor Cook
5. Tear This House Down - Lynn Davis
6. One Blood - Tata Vega&Gavin Christopher
7. Settled In Heaven - Grady Harrell
8. He Is Amazing - Tata Vega
9. Salvation Road - Lynn Davis
10. Give It All To Jesus - Alfie Silas

手持ちCDには1993年10月21日ソニーから発売されたとあります
当時、プログラムされたリズムマシンとシンセの音に食傷気味?!だったので
このライブ盤に出会った時の感激は忘れません!

というのも、スタジオライブ録音のミュージシャンがすごい顔ぶれなんですよ!
James Gadson(ドラム)にFreddie Washington(ベース)
それにモータウンからBobby Holl(パーカッション)
極めつけはBooker T. & The MG'sから
Booker T. Jones(オルガン)とSteve Cropper(ギター)の二人

ボーカル陣も Mavis Staples など上の曲名横に書いたような豪華な顔ぶれ

たった4日間でほとんど一発取りのスタジオライブ録音ですが
音質もよく、楽器の生音の魅力がたっぷり味わえます

ソウルの真髄を知り尽くしたミュージシャンと
本当に実力のあるシンガーとのパフォ-マンスは
最高の高揚感をもたらしてくれます

テイタ・ベガTata Vegaがとても良く聴き応えあります
(映画「カラーパープル」の Miss Celie's Bluesなどでおなじみ)
その他、捨て曲はありません~是非ゲットして聴いてほしい1枚♪

▼Tata Vega - Table In The Wilderness from "Soul Mission"
Table In The Wilderness - Soul Mission

ゴスペル
ソウルフルなミュージシャン

スポンサーサイト
6

アル・グリーンAl Green - A Change is Gonna Come

ブラックムービーのサウンドトラックはその時代を反映していて面白い
時には驚く内容があって見逃せないです!

AliAli
(2001/11/27)
Original Soundtrack



映画「 アリ 」から
アル・グリーンAl Green - A Change is Gonna Comeをピックアップ
バックバンドは Booker T. & The MG's でライブですから♪
ソウルファンなら聴き逃さないはず!

▼Al Green - A Change is Gonna Come Live
A Change is Gonna Come - Al Greene

ソウルフルなミュージシャン

0

初ソロ!DVD予告編動画『DAVID T. WALKER LIVE IN TOKYO AT COTTON CLUB』

デビッド・ティー・ウォーカーDavid T. Walkerの
初来日からおよそ40年、なんと初!単独名義での来日公演が
2007年の春、東京 名古屋 大阪で行われました

大阪公演は2007年5月14日(月) 大阪ブルーノートでした
東京公演の模様を完全収録したDVDが明日2007年8月8日に発売されます!
初回リリース特典には「David T. Walkerオリジナルピック」が入ってるそうです

▼『DAVID T. WALKER LIVE IN TOKYO AT COTTON CLUB』
davidtwaker_dvd.jpg

発売:Up-Front Works
*予告編Lovin' You

全部みたい!

ミュージシャン ソウルフルなミュージシャン

0

デヴィッド・T・ウォーカーDavid T.Walker / Coolin’N Groovin'

バックをつとめたソウルシンガーの数は計り知れない
偉大な偉大なミュージシャン デヴィッド・T・ウォーカー

1993年7月28日渋谷で開催された歴史的ソウル・ジャズ・イベント
「Coolin’N Groovin'」のデヴィッド・T・ウォーカーのギター

バーナード・パーティー(ds)、チャック・レイニー(b)、ソニー・フィリップス(org)、
ルー・ドナルドソン(as)、パンチョ・モラレス(perc)、バージル・ジョーンズ(tp)、
ビル・エヴァンス(ts)
往年のジャズ・ファンク・オールスターズによる歴史的ライヴ

David T.Walkerのギターが歌っています!

▼Everything I Play Is Funky/Allen Toussaint


ソウルフルなミュージシャン

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。